【コンロはガスとIHでこう変わる】プロが伝授するキッチンリフォーム

住まい

こんにちは、ポン子です!

10年以上、新築やリフォームのお客様のご相談に乗ってきたポン子が、女性目線のキッチンリフォームをナビゲートします!

前回は壁付け型や対面型などのレイアウトについてご紹介しました

キッチンリフォームについて、今回はキッチンの要・加熱機器(コンロ)についてみていきます

[ad]

まずはガスコンロかIHクッキングヒーターかを決めよう

キッチンを決める際にポイントになるのが加熱機器

これをガスにするのか、IHにするのか、です。

ガスコンロは従来より一般的ですので、特筆すべきことはないのですが、

IHクッキングヒーターについては、ガスコンロからのリフォームならば別途、電気工事が必要になります

また、新築でIHにしたい場合も、キッチンに200Vのコンセントが必要になりますので、決めたらすぐに現場監督さんへ伝える必要があります

リフォーム比較プロで見積もり比較

ガスコンロとIHクッキングヒーターのメリットとデメリット

では、ガスコンロとIHクッキングヒーターのメリットとデメリットをみていきましょう

【ガスコンロのメリット】

・魚焼き網や、炙り料理など、炎を使った調理ができる

・火が目に見えるので、危険が察知しやすい

・鍋・フライパンなど使えるものに制限がない

 

【ガスコンロのデメリット】

・炎が出るので、火災や火傷などに十分な注意が必要

・夏場などは特に、キッチン(コンロ周り)が高温になりやすい

掃除はやや面倒

 

【IHクッキングヒーターのメリット】

・火が出ないので、夏場でもキッチンの気温がさほど変わらない

・揚げ物をする際に、新聞紙などで油が飛び散らないようにフタをすることができる

・火が出ないので、火災予防に◎

・フラットなので掃除が楽。

 

【IHクッキングヒーターのデメリット】

・火が目に見えないため、思わぬ火傷の可能性がある

・魚焼き網など火を使った調理ができない

IH対応の鍋・フライパンしか使えない(オールメタルを除く)

 

以前よく言われた「火力」についてですが、現在ではIHのほうが火力が弱いということはなくなってきていますが、火が目に見えないため、どうしても火力が弱いような気がしてしまうということはあるようです

(特にガスコンロからIHに変更されて、初めてIHを使用する方に、そのような感想を持たれる方が多いです)

 

ポン子はガスコンロもIHクッキングヒーターもどちらも自宅で使用した経験がありますが、

もしこれからどちらにするか検討されている方がいれば、断然IHをオススメします

 

なぜか?といえば、上記メリットで書いた1つめと2つめ。

火がでないからこそ」のメリットが、子育て中の家庭では非常に大きいのではないかと思うんです。

 

子どもがいる家庭では、から揚げや天ぷら、コロッケなどの揚げ物をする機会が多いと思います

ガスコンロですと、揚げ物をするとキッチンは高温になりますし、夏場は辛い・・・

でもIHなら炎がでないので、キッチンの温度はほぼ変わりません

さらに、揚げ物をするとコンロ周りはどうしても汚れます。

さらにガスコンロですと、五徳を外して、掃除しなければならず、やや面倒ですが、IHはフラットなので、サッと拭くだけで終了です

 

ポン子
ポン子

もしも汚れがこびりついてしまったときは、丸めたラップにクレンザーをつけてクルクルと拭くと綺麗になりますよ♪

 

ただ、IHは火はでないものの、調理後の表面は非常に高温となります

ここに触れれば火傷してしまいます。

ほとんどの機種で高温の部分は赤く点滅するようになっていますので、ある程度大きなお子さんであれば触らないよう避けることができると思います

その点滅が見えない、キッチンの高さよりも背の小さなお子さんが、万が一手を伸ばしてしまったら・・・という可能性は無きにしも非ず。

ベビーゲートでキッチンに入れないようにする、などの対策が必要です。

 

 

また、火が目で見えないため、火の危険を教える機会がない、とも言えます。

 

少し前に比べて、ガスコンロもIHクッキングヒーターも非常に性能が向上しています。

ポン子は迷われているお客様にはIHをおすすめすることが多いですが、やはり使い慣れたガスを希望されるお客様のほうが多いです

もしちょっとでも迷われているならば、お近くのメーカーショールームなどで、IHの実演会などに参加されることをオススメします!

 

災害時、ガスコンロとIHはどのような差があるか!?

今後はどうかわかりませんが、東日本大震災の時はガスよりも電気のほうが早く復旧した地域が多かったようです

実際ポン子が知る中では、大規模な液状化が起こった地域で、ガスの復旧に1か月以上かかり、その間、お湯が出ない・ガスコンロが使えないという事態となった地域がありました

ガスはすべてのガス管に問題がないことを確認してからでないと復旧させることができず、(ガス漏れしては大変ですからね)、そのため大規模災害の時、ガスは復旧に時間がかかる傾向があるようです。

IHは電気ですので、ガスに比べると早く復旧する可能性があるのですが、先日の北海道大停電のような事態が起きれば、やはりIHは使用不可となります

災害時の対策においては、これらの実態を踏まえ、ガスコンロの場合もIHの場合も、カセットコンロを常備しておくことが大切かと思います

 

コンロには大きさがある!必ずサイズを確認しよう!

あまり意識したことがないかもしれませんが、コンロにもサイズがあります

特に分譲住宅で使われることの多い3口コンロでは75cmタイプ60cmタイプにわかれます。

小さめのキッチンですと45cmの2口コンロになるかと思います。

 

ショールームなどでキッチンの選定をされる場合は、ショールームスタッフが聞いてくれることもあるかと思いますが、建築会社にお任せの場合はこのコンロのサイズまでヒアリングをしてくれない可能性があります

ですので、ここでぜひ知識をつけて、見積を確認してみてください!

 

今回は75cmと60cm、2つの選択肢がある3口コンロについてお話していきます

(2口の場合は45cmしか選択肢がない場合が多いため省きます)

 

まず、キッチンそのものの大きさ(間口)にもよるのですが、

大きなコンロを選べばそれだけ、まな板を置くいわゆる「調理スペース」が狭くなります

 

←シンクとコンロの間のスペースが「調理スペース」です

 

 

この調理スペースは意外と大事で、まな板を置いて包丁をトントンするだけでなく、洗った食器を置くスペースになったり、広ければ広いほど使い勝手がよくなるものです

また、後から食洗器を設置したいというような場合も、この調理スペースに置くことになります

 

そういったことを考えると、できるだけ調理スペースは広くとったほうが良いと、ポン子はお客様にオススメしています

 

75cmと60cmとで15cmの差があります。

少しでも大きなコンロが良いからと、75cmを選ぶと調理スペースが15cm小さくなります

 

でも実は75cmと60cmで、鍋を置く部分の間隔は、大きく変わる機種でも5cm程度しか変わらないのです!

 

←の図で示した赤線部分のことです

 

 

ということは、15cmの調理スペースを捨てて75cmのコンロを設置しても、60cmと比べて実際は3~5cm程度しかその恩恵が受けられないのです(差がない機種すらあります

 

大きなお鍋を3つ同時に、いつも使います!という方は75cmにするメリットがあるかと思いますが、そうでもないならば60cmタイプで全く問題ないのではないかと思います。

また、60cmタイプのほうが価格もわずかですが安いです。

 

ちなみに、キッチンそのものの長さ(間口)が2m70cm以上など、一般的にみて大きなキッチンの場合は、75cmを選んで頂いて全く問題ないと思いますが、都市部の建売や分譲マンションでよく採用されている2m50cm程度のキッチンに75cmコンロだと、ややもったいないかもしれません・・・

 

ショールームで実物を見て確認するのが一番ですが、行くことができない場合は、ご自宅のキッチンにメジャーを当ててみて、サイズ感を感じてみられることをオススメいたします!




[ad]

壁付けキッチンならコンロの大きさが吊戸棚の大きさにも影響する!

対面キッチンの場合は、キッチン上に吊戸棚を付けることはあまりないのですが、壁付けキッチンの場合はほとんどの場合で吊戸棚を取り付けると思います

コンロの大きさが吊戸棚の大きさに影響するとはどういうことでしょうか?

実はそれには「消防法」という法律が絡んでいます

ごく簡単にザックリ言うと、「コンロの幅より大きなレンジフード(換気扇)を使いなさい」と消防法で定められているのです

75cmのコンロならばレンジフードは90cmを採用することが多く、60cmのコンロならば75cmのレンジフードを採用することが多いです。

ポン子
ポン子

機種によっては90cmしか設定のないものもあります!

 

となると、影響を受けるのはレンジフードの隣につける吊戸棚。

90cmのレンジフードを採用するならその分吊戸棚は15cm短くする必要があるのです

(キッチンよりはみ出しても構いません!という方は別ですが。)

 

これもキッチン本体と同じく、十分な間口を確保できるのならばあまり問題になりませんが、

小さめのキッチンになってくると結構な収納量の違いになります。

 

こういったところにまで絡んでくるということを頭のスミにおいてコンロ選びをしてみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました