【網戸の虫除け】網戸から虫が入ってくる時の対策

住まい

こんにちは、ポン子です!

こちらのページは

  • 網戸から虫が入ってくる理由が知りたい
  • 網戸から虫が入ってこないようにしたい
  • 網戸に使える虫除けスプレーを知りたい
  • 虫が入ってこない網戸に変えたい

そんな方にお勧めのページです

毎年夏になるとポン子が勤める会社にも多数の網戸張替依頼が舞い込んできます

でも虫が増え始めるのは春先から。

ぜひ早めの対策をおすすめします

 

スポンサーリンク

 

網戸から虫が入るとき、まずはここをチェック!

網戸に破れているところや穴はないか?

基本中の基本ですが、網戸が破れていたり、穴が開いていると当然そこから虫が入ってきます

網戸を破いたような記憶がなくても、風の強い日に何かが飛んできて網戸が破けてしまったり、小さい子供がオモチャで破いてしまったり、また多いのはペットが破いてしまった、というものです(特に猫ちゃん)

また網戸の網とアルミ枠の境目についているゴムパッキンの劣化によって、そこから破れてくる(裂けてくる)ということもあります

網戸が破れていて虫が入るときの対策

もしも、破れていたり、穴が開いている場合は早急に網戸の張替えをしましょう

安く早く!という場合は網戸張替えセットを利用して自分でちゃっちゃとやってしまうことも可能

 

自分でやるのはちょっと・・・という場合は、お近くの工務店さんなどに相談してみましょう

ちなみに、網戸の張替えは結構広いスペースが必要です

また大きな網戸の場合、方向を変えようとして床に網戸が当たって傷つく・・なんてこともあり得ますので、自分で室内で網戸を張り替える、という場合は捨てても良い毛布などを下に引いておいたほうがいいですよ!

★豆知識★網戸のネットには種類がある!

これはあまり知られていないかもしれないのですが、実は網戸のネットにはいくつもの種類があります

最近主流なのはブラックネットという黒の網戸で、18メッシュというネットの口径が1ミリ~1.4ミリくらいのものが一般的です

(新築などの時についてくる標準的な網戸はこちらが多いです)

少し前はグレーネットというグレーの網戸が多かったですが、今はブラックネットが多いです

このネットの網目をもっと小さくして虫が入りにくくなった30メッシュというものも出ています

最初に家を建てたときについてくる網戸はほとんどが前述の18メッシュだと思いますので、最初から30メッシュを希望する場合は、その旨現場監督さんや大工さんに話しておいたほうが良いですよ

そのほか、ペットがいる家庭にオススメのペット用網戸や、花粉が入ってくるのを防ぐフィルター網戸というのもあります

 

ポン子
ポン子

網戸の張替えをする際に、この網目の細かい30メッシュにしたい場合は、自分で張り替えるなら30メッシュのネットを買ってくるか、工務店さんに交換を依頼するときは必ずその旨伝えましょう

何も言わないと普通の網戸になっちゃうと思いますよ!

 

モヘアがつぶれてませんか?

サッシと網戸の間にはどうしても隙間ができてしまいます

これはサッシや網戸がレールに乗っている以上仕方のないことなのですが、この隙間から虫が進入してきます

それを防ぐために、網戸にはモヘアと呼ばれる繊維状またはゴム状のものがついています

これが網戸とサッシの隙間を埋めることで虫の進入をある程度防ぐことができるのですが、このモヘアが摩耗してなくなっていたり、つぶれて隙間ができてしまっていると、そこから虫が入ってきます

網戸のモヘアが取れていてそこから虫が入ってくるときの対策

モヘアの取替も自分でやろうと思えばできます

自分でモヘアの交換をしました!という方がブログに載せてらっしゃいますので参考にされてみると良いかと思います

ただし、巾などが各メーカー少しずつ違ったり、部品としてピッタリ合うモヘアを探すのは大変かもしれません

もしも、自分ではちょっと・・・という場合はこちらもやはり、近所の工務店さんや建具店さんなどに相談してみましょう

ちなみに、こんな商品もあるようですよ

網戸の建付けが悪くなっている

網戸がしっかりレールに乗っているときは良いのですが、網戸の戸車が何らかの原因で悪くなっていたり、網戸の建付けが悪くなっていると当然、サッシとの隙間ができます。

そうなるとモヘアがしっかりついていても隙間を埋めることができず、そこから虫が進入してきてしまいます

網戸の建付け調整はプロにお願いしよう

DIYがお好きな方や知識のある方はある程度自分で調整できるかもしれませんが、基本的には網戸がガタガタする、レールから外れやすいなどの不具合は、プロに相談したほうが良いです

戸車の交換が必要だったり、場合によってはレールがダメになっていることもありえます

確かな原因追及のためにはプロに見てもらうのが一番です

 

新築した場合は建築した工務店さんや建築会社さんに相談するのが一番早いですが、中古を購入した場合などで知っている大工さんや建築会社さんがない場合は、ネットで問い合わせしてみましょう

いくつか問い合わせしてみて、その中からよさそうだなと思う会社を選ぶといいと思います


網戸に不具合はないのに虫が入るときの対策

実はポン子家。新築したばかりなのに網戸から虫が入ることが多々あり困っていました

ポン子家は公園や神社が近く、周辺に緑が多い・・・

つまり虫が発生しやすい場所の近くのため、必然的に虫が進入しやすかったんです

洗濯ものを取り込んでいる間に、ガやカナブン、テントウムシが入ってくるのは日常茶飯事

トンボが入ってきたときは子どもたちが喜んでいましたが(;^_^A

そんな虫の多い場所なので、網戸にしていても網戸の目をすり抜けてやってくる虫さんがいるんですね

名前はわかりませんが、コバエのようなものだと思います・・・

 

そんな虫さん方をどうにかしたくて購入した商品がこちら

 

網戸に吹きかけておくだけで防虫の効果を発揮してくれるんです!

さっそくポン子家もこちらをシューっとしてみたら、ベランダに進入を試みたものの防虫スプレーのチカラに敗れ去った勇者たちがバタバタと倒れておられました・・・

 

ちなみに、同じシリーズで玄関や外壁用もあります

ポン子家では夜になると玄関や外壁にも虫がよくくっついているので、こちらも愛用しています

 

ポン子家のように新築で網戸に不具合はない、モヘアも問題なし、建付けだって悪くない、という場合は、こちらのスプレーが良いのではないかと思います

スポンサーリンク

 

網戸を丸ごと交換して虫対策をする場合

網戸用の虫よけ(実際には駆除されてしまいますが)スプレーでも対策しきれない・・・

もういっそのこと網戸そのものを変えてしまいたい!という場合。

 

豆知識のところでお話ししたように、すべての網戸を30メッシュの虫が入りにくい目の細かいものに交換してしまうというのも一つの手です

大手のサッシメーカー、LIXILとYKKAPはどちらもこの虫対策の網戸を発売しています

LIXILは虫イヤネット(そのまんま!)、YKKAPはクリアネット網戸という名称です

こうしたサッシメーカーの虫対策網戸を入れたい場合は、網戸の張替えのみでは対応してもらえませんので、枠ごとまるっと交換することになります

メーカーの純正品を入れたい、という場合はこうした製品を利用することになりますが、やはり窓や網戸にもサイズがありますので、その場合は工務店やリフォーム会社に問い合わせをして、サイズを測りに来てもらう必要があります

 

割高にはなりますが、網戸そのものが新品になり、また取付時に建付けの調整もしてもらえたりしますので、網戸の虫対策には一番なのかもしれません

 

マンションやアパートの玄関にも網戸は付けられる!網戸カーテン

マンションやアパートでは開口部がベランダに出る窓と玄関しかない!という場合も多いかと思います。

そうなると窓1か所を開けただけでは風が通らず、あまり涼しくないということも。

そんなとき、少しの時間でも玄関を開けておきたい・・・でも虫が入ってくるのが嫌。という場合

 

マンションやアパートの玄関にも自分で簡単につけられる網戸カーテンがあります

 

もちろんこちらは戸建ての玄関にもつけられますよ!

こちらもメーカー純正品が良いという場合は、LIXILのしまえるんです(これまたそのまんまなネーミング!)、セイキ販売の収納網戸が有名です


これら純正品をご希望の場合は、お近くの販売店さんやリフォーム会社に問い合わせしてみましょう



網戸の虫対策は虫嫌いにとっては深刻な問題!

ポン子
ポン子

快適な住まいづくりのためにも、ぜひ本格的な虫さん活動期が来る前に対策してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました