子どもにお手伝いさせると〇〇が自然とUPする!お手伝いの凄さをご紹介

お手伝い 子育て

はじめに

こんにちは、ポン子です。

突然ですが、みなさん子どもに「お手伝い」させてますか?

教えるのが大変、後片付けが大変・・なんて考えて、ついついお手伝いを断ったりしていませんか?
それってすっごくモッタイナイ!
お手伝いすることで、自然と算数力がUPして、〇〇さえも上がっていく、というんですから、ぜひ今日からお手伝いさせましょう!

 

おやつの時間に足し算・引き算を習得!?

おやつを食べる子供

これは実際にポン子が、息子の通う塾の先生から言われたことです。

おやつの時間にぜひ、お子さんにお菓子をわけさせましょう!

たとえば一袋に15個のマシュマロが入った袋を子どもに渡し、「●●ちゃんとママに5個ずつ分けてみて」とお願いします。

数がかぞえられる子ならば簡単すぎてしまいますが、幼稚園年少さんくらいならまだまだ、それだけでも結構な勉強になるはずです。

そしてここから「じゃぁ、●●ちゃんとママにあと1個ずつわけたら、何個ずつになるかな?」これは5+1の足し算と同じです。

さらに「じゃぁ袋には何個残った?」と聞けば、15-6-6の引き算と同じことです

数がかぞえられる子どもならば、足し算・引き算の概念がなくとも、これならできるはずです。

 

こうして自然に足し算・引き算を生活の中に取り入れることが、算数の学習に役立っていきます。

スポンサーリンク

「ありがとう」は何よりの褒め言葉!

ありがとう

最近「自己肯定感が低い(高い)」というような言葉を良く耳にします
これは「ありのままの自分を認めてあげられるかどうか」ということで、人生における幸福感などにもつながっていきます。
子どもの自己肯定感を高める方法の一つに、「親から感謝されること」が挙げられます

たとえばほんのちょっとのお手伝いでも「ありがとう!助かったよ!」と言われれば、誰だって嬉しいもの。
子どもにとって、大好きなパパやママに感謝されることは、大きな自信となり、自己肯定感につながっていくのです

そういった面からみても「お手伝い」のパワーはすごいのです!



 

オススメお手伝い3選

 

1:手先も機用になる!?お手伝い入門にはズバリ、お洗濯!

お手伝い

洗濯を洗濯バサミから外すところから始まり、タオルにシャツ、ズボン、何でも見よう見まねで畳めば気分はすっかりお母さん。
もちろん、グチャグチャだったり、このままじゃしまえないなぁというときもありますが、少しずつポイントを教えていくことで、ポン子家の娘(3歳)はほとんど手直しが必要ないくらいのレベルで畳めるようになりました!
子どもの吸収力・成長力は本当にスゴイ!

 

2:男女問わず好きであろうお手伝いはやっぱりお料理!

お手伝い

最初はレタスちぎりなど、包丁も火も使わない簡単なところから始め、
次は卵を割る、ゆで卵の殻むき、など少しずつレベルアップ。

千切りキャベツを、家族の人数分にわけてね~なんてミッションならば、算数の勉強にもつながります。

 

ポン子
ポン子

マイエプロンがあれば子どもはやる気は俄然UPすること間違いなし!

 

おすすめメニューは、胡麻和え!

胡麻和え

大さじを使って、ゴマや砂糖や醤油の分量を量り、ゆでた野菜を混ぜ合わせるだけですから、子どもにも簡単に作れて夕飯のおかずにもなる、すぐれものメニュー!

仕事から帰ったパパが「おいしい~~!」と喜んで食べれば、子どもたちの満足度も大幅UP!

 

3:おうちがピカピカになるとうれしい!お掃除

掃除をお手伝い

子供がお茶をこぼした!ぎゃ~~!
もう!何やってるの!!
と怒りたくなるところですが、そこをぐっと我慢。
自分で拭いてみよう!と諭してあげましょう

そこを出発点に、掃除機をかけたり、お庭をホウキで掃いたり、大きくなったらお風呂掃除も。

ポン子家の娘3歳は、トイレ掃除にも挑戦中。
便座や床を拭くのは娘にお任せして、足らないところをポン子が補っています
3歳のチカラを甘くみてはいけません・・・これがなかなかしっかりと拭けているんです!

 

子どもたちのお手伝いも、忙しいパパママにとっては立派な戦力になること間違いなし!
子どもにとっては勉強にもなり、自己肯定感も高められる素晴らしい学びです

ぜひ生活のアチコチに、お手伝いを取り入れていきたいですね♪

 

タイトルとURLをコピーしました