リビング階段はなぜ寒い?原因がわかれば対策は簡単!【シャルルの法則】

リビング階段 住まい

こんにちは ポン子です

狭小住宅などでよく採用される「リビング階段」

リビング階段は子育てにおけるメリットも多く、狭小住宅の狭いスペースを生かす間取りとして多く採用されています。

しかし、そんなリビング階段の最大の欠点は「冬、寒い」

実際、リビング階段のある家に住むポン子が、実際にやっているリビング階段の寒さ対策をご紹介します

寒い

冷気は足元にたまりやすく、暖気は上に逃げやすい

リビング階段

シャルルの法則」という言葉を聞いたことありますか?

一般に、空気は暖められると膨張し、冷やされると収縮します

同じ量の空気でも、暖められると体積が増えて密度が小さくなるため軽くなります。

軽いものが上に行きやすい・・・というのは想像がつきやすいと思います。

その逆で、冷気は足元にたまりやすいです。

ということは、冬場、せっかくの暖房の温かい空気は、リビング階段の登り口から上の階に逃げやすいです。

また、冷たい空気が下へ降りやすいということは、上の階の冷たい空気がリビングに降りてきてしまうということでもあります

なので、どちらかというと、冬は登り口に対策をすると、暖房の温かさを逃しにくくなり、より効果が得られやすいです

逆に夏場はエアコンの冷たい空気が下の階に逃げていかないよう、降り口に対策をした方が効果的です

つっぱり棒で簡単取付!パタパタカーテンがすごい

リビング階段の対策といえば、一般的なのはカーテンやロールスクリーンでしょう

どちらもニトリなどで格安で手に入ります。

しかし、カーテンもロールスクリーンも天井または壁にレールを固定しなければならず、手間がかかります

 

そこで、おすすめしたいのが、「パタパタカーテン」です!

まさにこの商品の白をポン子家でも使用しています♪

 

こちらは100円均一で売っているツッパリ棒に通して、壁に固定するだけでもOK

とっても簡単!ポン子一人でも簡単に取り付けできて、効果は絶大

階段上からスゥ~っと入ってくる冷気をここでスッパリ遮断してくれます!

 

しかし、ツッパリ棒の欠点って、どうしても「ずり落ちてくること」です

この「ずり落ち」の対策、ご存知ですか?

 

ズバリ滑り止めシートです!

 

このシートを小さく切って、つっぱり棒の先端にかませるのです。

それだけでズリ落ちが圧倒的に少なくなりますよ!お試しあれ♪

スポンサーリンク

赤ちゃんのいる家庭は要注意!リビング階段にカーテンをつけるなら必ずベビーゲートも!

あかちゃん

パタパタカーテンやカーテン、ロールスクリーンで寒さ暑さ対策をして、これで安心♪

いやいや、実は、その安心には危険をはらんでいます。

赤ちゃんや小さい子供は、カーテンなどに、安易に寄りかかってしまうことがあるのです!

ですので、リビング階段の階段上にカーテンを設置するときは必ずベビーゲートを併用しましょう!

 

 

転落防止も、寒さ暑さ対策もどっちも兼ねる!「引き戸を後付け」

アウトセット引き戸

転落防止も寒さ暑さの対策もいっぺんにやってしまいたい!

そんな方は思い切って大工さんに相談

アウトセット方式と呼ばれている引き戸なら、リビングの登り口、降り口に後から設置することができます

アウトセット引き戸

しかし、壁に下地が入っていなかったり、電気のスイッチやコンセントがあったりすると設置できない可能性も。

階段の周囲にある程度のスペースがないと付けられないのです

また、製品代や大工さんの費用など、カーテンに比べ格段に高額です

それでも、安全性や快適性を求めるなら、考えてみる価値ありです!

タイトルとURLをコピーしました