ハムやソーセージの「無塩せき」とは?無塩せきの意味を解説!

子育て

【この記事は2019年5月14日に更新しました】

こんにちは、ポン子です。

最近スーパーや生協の宅配カタログで「無塩せき」という表示をよく見るようになりました

この「無塩せき」ってどういう意味か知っていますか?

 

このページは

無塩せきとは何?

無塩せきの意味を知りたい

ハムやソーセージに発がん性があるって本当か知りたい

という方に特にオススメです

 

スポンサーリンク

 

食品の「原材料」欄をじっくり見たことがありますか?

子供が大好きなハムやソーセージにベーコン。

ハム

 

ママにとっても、調理が楽で子供が喜んでくれる、とっても嬉しい食材ですよね!

ポン子
ポン子

でも、そのパッケージの裏側、「原材料」のところ見たことありますか??

例えば・・・こちらは某ハムの裏側。

ハムの表示

 

糖類、リン酸塩、アミノ酸、酸化防止剤、発色剤、香辛料抽出物と、実に6種類の添加物が入っています!!

ポン子
ポン子

添加物が山盛り!

この中に「発色剤」とありますね!

これこそが「無塩せき」に関係する添加物なんです!

 

そもそも「発色剤」ってどういう理由で使われるの!?

疑問に感じる女性

多くのソーセージやハムなどの食肉加工品にはこの「発色剤」が使われています。

この発色剤は主に以下のような効果が期待できます

 

1:発色効果・・・ハムやソーセージなどの製品をより綺麗なピンク色にする。

 

ポン子
ポン子

お肉は時間が経つと色が悪くなってきますよね!?それは加工品でも同じです。

 

わざわざ色の悪い食品を買う人なんていないわよね。

ポン子
ポン子

だから発色剤を加えるのです!

発色剤(亜硝酸ナトリウム)を加えることで、綺麗な発色を保つことができるようになるのです!

 

2:食中毒防止・・・ボツリヌス菌という食中毒菌を抑える効果がある

もう一つ、食品業者が発色剤を使うのには大きな理由があり、それが食中毒防止です。

ポン子
ポン子

ボツリヌス菌という菌の名前を聞いたことはありますか!?

 

これはたった1gで一都市分の人が死に至るといわれるほど、極めて致死率の高い、超怖い菌なんです!!

 

ポン子
ポン子

この菌が万が一、ハムやソーセージに混ざったら・・・

考えただけでも恐ろしいわ!

 

ポン子
ポン子

食肉加工業者はこの万が一の確率を限りなくゼロにしなければなりません。

 

ボツリヌス菌を殺菌ために発色剤(亜硝酸ナトリウム)を使用するのね!

 

ポン子
ポン子

また、3つ目の効果として豚肉特有のにおいを消して風味を豊かにすること。

4つ目に保存性を高める効果るんです!

 

 

そんな風にたくさんのメリットがあるから、発色剤を使うんだね

 

 

 

まだ添加物がなかったころのヨーロッパでは、食肉加工の際に岩塩が使われていたそうです。

しかし現代では、食肉加工品には発色剤として「亜硝酸ナトリウム」というものが多く使われています

これが実は人体には決してよろしくないものなのです・・・・

スポンサーリンク

発がん性がある!?知られていない発色剤の「副作用」とは。。。

危険

これまでの説明の通り、発色剤(亜硝酸塩)には多くの効果があり、たくさんの加工食品に使われています。

ポン子
ポン子

しかし近年、この発色剤には発がん性があるのではないかといわれるようになってきました

肉や魚介類などには「アミン類」という物質が含まれるのですが、これが発色剤と反応して「ニトロソアミン」という物質が作られます。

 

ポン子
ポン子

これが人間の胃の中でも生成されるのではないかという指摘があります

 

それが胃の中で作られるとどうなるの?

 

ポン子
ポン子

この「ニトロソアミン」にはいくつか種類があるのですが、発がん性を含むものが多数あるのです

 

だから発色剤=発がん性があると言われてるんだね

 

ポン子
ポン子

これはただの噂ではなく、実際ラットを使った実験では、発がん作用が確認されたのだそうですよ・・・

 

動物に影響があるのに、人間には影響なしとは考えにくいわ。

 

ポン子
ポン子

それに実はこの発色剤として使われる「亜硝酸ナトリウム」そのものも毒性が強く、0.18~2.5g摂取すると人間は死に至るといわれています

 

ベーコン

 

亜硝酸ナトリウムの1日摂取許容量は「0.06㎎以下×体重(kg)/日」とされています

 

ポン子
ポン子

これは体重10kgの子どもであれば0.6㎎が1日の許容量ということになります。

 

ハムやソーセージなどの加工食品には1kgあたり最大70㎎の亜硝酸Naを使用してよいことになっていますが、そもそもこの1日摂取許容量というのが、実はかなり余裕を持った数字

 

ポン子
ポン子

発色剤を使ったハムやソーセージを食べて中毒になるということはまずありえませんのでご安心を!

 

スポンサーリンク

最近よく見る「無塩せき」って!?

なんで??

ここまでお話しした通り、発色剤が使用された製品は少々食べ続けるのが心配になりそうな要素が含まれています。

発色剤を使ってないハムやベーコンってないの?

 

ポン子
ポン子

それこそが「無塩せき」です!

 

では「無塩せき」というのはどういうものでしょうか?

 

無塩せきって聞くと、塩を使ってないのかな?ってイメージだわ

 

ポン子
ポン子

実は塩分とは一切関係がないんです!

 

ポン子
ポン子

「無塩せき」とは「発色剤を使用していない」という意味なんですよ!

 

ということは、発色剤以外の添加物は使われているということなのね。

 

 

ポン子
ポン子

発色剤を使っていないハムやソーセージ・ベーコンは、こんな感じで少し色がくすんだように見えます

 

たしかに・・・

あまり美味しそうに感じないかもしれないわ

 

ポン子
ポン子

でもこの色味こそが、発色剤を使っていない証なんですよ!

 

「無塩せき」のソーセージやハム、ベーコンを確実に手に入れたいならココがオススメ!

ベーコン

無塩せきのハムやソーセージ、手早く確実に手に入れるなら、生協がオススメです!

ポン子
ポン子

【パルシステム】【co-opdeli】のカタログには毎回必ずこの「無塩せき」の製品が掲載されています。

 

無塩せき食品だけでなく、生協では産直野菜を多く扱っていたり、子供に食べさせたいと思うような食材がたくさん。

ポン子
ポン子

ポン子もヘビーユーザーです♪

 

運ぶのが大変なお米やじゃがいも、牛乳なんかの常備していたいけど重たい食材は、宅配してくれる生協が何より便利よね!

 

色々とありますので、見てみてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました