【練習法】ストライダーのコツをつかむと補助なし自転車デビューが早まる!

子育て

こんにちは、ポン子です!

そろそろ暖かくなってきて、公園や河川敷で遊ぶのも楽しくなってくる季節♪

 

ちょうど2歳くらいになってくると、そろそろ気になり始めるのが「ストライダー

ストライダーって必要なのかなぁ~と迷われる方もいることと思います

 

実はストライダーをブンブン乗り回している子は、補助なし自転車に乗れるのも早いと言われています

 

そんな「ストライダー」を本日はご紹介します!

スポンサーリンク

ただのペダルなし自転車じゃない!ストライダーを乗りこなすコツ!

 

ストライダーはいわゆる「ペダルなしの自転車」です

 

ペダルだけでなく、ブレーキもないんですね。

 

このストライダー、ペダルがないんだから簡単に乗れるだろうと思いますよね?

 

いえいえ、とんでもない・・・

 

そもそも補助輪がないため、補助なし自転車と同じようにバランスを取って乗らなくてはならず、

 

楽しい!と思えるレベルに乗りこなすにはそれなりに練習が必要だったりします

 

ポン子家の子供たちは、園の自転車用スロープのなだらかな坂を利用して、足を浮かして乗る練習をしましたよ!

 

坂でバランスを保つ練習をして、いざ平地へ!

バランスがとれるようになると、ビュンビュン乗り回せるようになります♪

 

 

ストライダーで公道を走るのは禁止!安全のためヘルメットとひじ・ひざ当てを付けよう!

 

ストライダーを手にすると、子どもは必ず道路を走りたがります

 

でも、ストライダーで公道を走行するのはダメなんですよ(本体にもラベルが貼ってあります)

 

そもそもブレーキがないため、スピードが出ていると急に止まることができず事故の元です

 

また、バランスをとって乗りこなす乗り物なので、練習の間だけでなく、ある程度乗れるようになっても転倒の恐れがありますので、

乗るときはヘルメットと、あればひざ当てひじ当てをすることをオススメします!

 

ストライダーに乗れると、補助なし自転車デビューが早まる!?

 

ポン子の周りの子どもたちをみても、ストライダーをブンブン乗り回せる子は総じて補助なし自転車をマスターするのが早いです

 

バランスを保って乗るという補助なし自転車の基礎がストライダーで作られるものと思われます

 

ストライダーに乗れる子は、補助なし自転車を与えたら、心配でもそっと親は離れて子ども一人で自転車に挑戦させてみてください!

後ろで抑えてくれる親がいない方が、す~っと乗れたりするものですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました