トイレは怖くない!かわいいトイトレグッズをご紹介

子育て

こんにちは、ポン子です

ポン子はほとんどトイトレをしなかった人間なのですが、

長男のトイレトレーニングがなかなか進まなかった原因のひとつに

トイレが怖い」というのがありました・・・

トイトレを始めた当時、築40年の狭小住宅に住んでおりまして、

トイレ自体は新しいものにリフォームされていたものの、壁は昔よくあった砂壁のまま・・・

何となく古くて怖い感じがしたのでしょう。

それに、子どもにとって、自身の体格より大きなトイレ。

なんとなく、中に落ちてしまいそうな感じもするのかもしれません。

 

そんな中、長男のトイレ恐怖症を取り除くことに成功したアイテムをご紹介したいと思います

スポンサーリンク

トイレを楽しいところに変えるため、キャラクターの力を借りる!

元々、トイレに座るどころか、トイレに入ることさえ嫌がった長男。

そんな長男に興味を持ってもらいたくて、まずはトイレを大好きだったトーマスや、ディズニーキャラクターのウォールステッカーで飾りました

 

 

トイレのタンク部分消臭効果のあるアンパンマンのステッカーを張り付けて、ドアを開けるとアンパンマンがお出迎えしてくれるという感じに。

これ、洗濯機で洗って繰り返し使えるんですよ!

 

さらにドアノブを持って自分でトイレのドアを開けたくなるように

ドアノブの部分にもウォールステッカーを。

 

最初は遠巻きに眺めていましたが、次第に自分からドアを開けてアンパンマンにご挨拶してくれるようになりました!

 

1・2歳児に大人用のトイレは大きすぎる。補助便座は必須アイテム!

トイレに入るという第一段階を無事クリアしたら、次はトイレに座る練習

しかし、大人のトイレは1・2歳児には大きく、落ちてしまいそうになりますよね

そこで購入したのは、アンパンマンの補助便座

 

実はこれとは違う、ただの補助便座を先に購入していたのですが、やはりアンパンマンのパワーはすごい。

この補助便座、音が出るんですよね。

「エライエライ!」とかアンパンマンがほめてくれるんです♪

 

アンパンマンの音楽が流れたり、水が流れる音がしたり。

そこに座ってボタンを押しているだけでも楽しいようです

シンプルなものが良い場合は、ベビービョルンがオススメですよ



トイレに自分で座るには、踏み台が必要

子どもが自分で大人サイズのトイレに座るには、やっぱり踏み台がないと難しいです

3歳くらいになると、自分でよじ登って座ってくれますが、1・2歳だと難しいかなと思います

 

踏み台と補助便座が一体になったものもありますよ

 

ちなみにポン子、この踏み台つき補助便座をお友達から頂いたのですが・・・

狭小住宅ゆえにトイレも狭く、取付できませんでした!

ということで、こちらを購入される際は、トイレに設置するために十分なスペースがあることが前提となりそうです

 

アンパンマンが泣いちゃう!トレーニングパンツもあれば安心。

トレーニングパンツ、履いているこもいれば、履いてない子もいるという感じでしたが、個人的にはやっぱりあれば安心かなと思います

特に、トイトレ中のお出かけはママもドキドキだと思いますので、もし万が一チビっちゃっても大丈夫!でもオムツは卒業したい・・・というときには持ってこいですね

ポン子も長男の時はアンパンマンのトレーニングパンツを買いました

こちらは漏らしてしまうとアンパンマンの泣き顔が浮かび上がるんです・・・

 

いろいろとご紹介しましたが、ポン子家の子どもたちはほとんどトイレトレーニングはしませんでした

ただ、トイレが怖いという恐怖心を克服するために、いろいろなキャラクターのチカラをお借りしました!

子どもにとっては得体のしれない謎の空間かもしれないトイレ。

ぜひちょっとでも楽しい雰囲気にしてあげたいですよね♪

トイトレは不要だった!トイレトレーニングしなくてもオムツが外れた体験談
トイレトレーニングは必要なかった!トイトレをしなくてもオムツが外れた体験談をご紹介します
タイトルとURLをコピーしました